「⽔上モビリティのロボット化」を目指すエイトノット社へ出資



【エイトノット社について】

エイトノット社は「ロボティクスとAIであらゆる⽔上モビリティを⾃律化する」ことをミッションに、2021年3⽉に設⽴された⾃律航⾏技術開発スタートアップです。


陸の⾃動運転や空のドローンなど、モビリティの⾃律化・⾃動化技術の興隆が著しい昨今、その潮流は船舶をはじめとする⽔上モビリティにも及んでいます。⾃律化が進むことで、⽔上モビリティの安全性、利便性、経済合理性の向上を図ることができ、四⽅を海に囲まれた⽇本において、旅客・物流の既存産業へ新たな移動・輸送⼿段となることが期待されます。また、災害時の代替輸送⼿段としての可能性も⾒直されています。グローバル市場、特に都市部での交通渋滞が深刻な社会課題となっている新興国において、⾈運は重要な交通・輸送⼿段として利活⽤が推進されています。


当社は、ロボティクスやAIなど先端技術を活⽤し「⽔上モビリティのロボット化」をコンセプトに、環境に配慮したEVロボティックボートによるオンデマンド型⽔上交通の実現を⽬指して参ります。


▼プレスリリースはこちら

オンデマンド型⽔上交通の実現を⽬指す、⾃律航⾏技術開発スタートアップ 株式会社エイトノット、シードラウンド1stにて1億円の資⾦調達を実施

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000077033.html