自宅で行えるラボグレードの尿・唾液検査サービスを提供するBisu社へ出資

【Bisu(ビース)について】

Bisuは、自宅で行えるラボグレードの尿・唾液検査サービス「Bisu Body Coach」(ビースボディコーチ)を開発し、人々の健康と生活の質の向上を目指すスタートアップです。


「Bisu Body Coach」とは、使い捨て型のテストスティックで数滴の尿・唾液を採取し、専用の小型検査デバイスに差し込むだけで、多種目の検査を高精度に、かつ採取後2分間で分析を行います。またテストスティックの中には、マイクロ流体技術を活用した「マイクロ流体チップ」が入っており、これまでの検査項目数を家庭用検査の2倍超に当たる20目以上検出することができます。

さらに、小型検査デバイスと連動したスマホアプリを利用することで、アプリ上で水分やビタミン、ミネラルなどの重要な栄養素に関するフィードバックを得られるほか、個人の目標、睡眠・活動パターンなどに基づいた健康改善のアドバイスも表示されます。そして内容は、医師やトレーナー、家族などに共有することも可能です。また、一つの小型検査デバイスで複数のテストスティックを解析することが可能なので、複数人で使用できることも特徴の一つです。



▼プレスリリースはこちら

自宅で行えるラボグレードの尿・唾液検査サービスを提供するBisu, Inc.が、シードラウンドで総額3.5億円を調達、アシックスと協業に向けた取り組みを開始

https://prtimes.jp/story/detail/beEElJuM2qb